正しい情報・知識が健康への武器になる!

スポンサーリンク

初めましてkazuki(@kazublog310)です。

近年、健康への意識を持つ方が増えてきました!それ自体はとてもいいことです。しかし、最近ではどこでも情報を手に入れることが出来る便利な世の中です。

テレビ、ラジオ、SNSなど。わからないことがあれば、すぐに調べることが出来る素晴らしい時代です。しかしどこでも情報が取れること自体は便利でいいのですが、どれもがすべて正しい情報ではありません。

また正しい情報でも、受け取る側の解釈によって正しい情報が間違った方向に活かされることもあるのです。

そこで今回は、正しい知識を身につけてもらうべくみなさんに、正しい情報を提供できたらなと思います!

スポンサーリンク

正しい知識・情報を持つことがなぜ必要なのか?

(例);テレビで健康にいい商品が紹介されていたから、そればっか食べているなどありますが、それだけを食べて健康になるなんてありえません。

なんでも、バランスが大切で、せっかく健康にいい食品でも偏ってしまうと逆に健康に悪いです。

これに対し、正しい知識を持っていればこれはいいと思うが、これは間違っているなど自分で判断できるわけです。

これから先は情報が蔓延してる中で、自分で判断できる力が必要になっていきます。最近だと、DeNAのキュレーションサイトが問題になりましたよね。

海外ではわざわざメディアを作って、嘘の情報を発信してるなんてたくさんあります。そこで必要なのが自分で考える力。そして今後自分を守るための知識・情報が武器になってきます。

正しい健康情報    ①生きて腸にまで届く!

「生きて腸まで届く」、CMなどで聞いたことある方が多いと思いますこれってどうなんでしょう?

ほとんどの乳酸菌は、胃液によって殺菌されてしまうと言われています。(胃液から守る構造をしてるサプリもあるみたい)基本、日本のサプリ業界は、自社で研究などを発表してるみたいなので信憑性があまりありません。

また、検査項目が厳しくなくアメリカなどとは、基準が全然違うとも言われてます。アメリカだからといって色々問題はあるみたいですが。

また『生きて腸まで届くことが出来てもその量はごくわずか』だと言われてます。腸には100兆個と言われる腸内細菌がいます。その中に、少しの乳酸菌(善玉菌)が届いたとしても、あまり意味がありません。

・サプリメントは健康に意味がないの?

先ほど書いたいきて腸まで届く乳酸菌などは、腸に届かないから全く効果がないと言うわけではないみたいです。

取り込んだ乳酸菌が、腸まで届かず死んでしまったら効果が無いことはなく死んだ菌は、『腸壁に刺激を与える』ので免疫細胞の分泌を促進させ免疫力をUPさせる効果があるみたい。

このように効果は、あるにはあるみたいですが、わざわざサプリメントを購入してまで飲む必要はないのかも知れませんね。

個人的には、善玉菌のエサになる食物繊維を取る方がいいと思います。

健康を意識するなら、乳酸菌はこうやって摂ろう!

乳酸菌(善玉菌)を摂る時は『発酵食品』から意識して摂ってみてください。発酵食品は、ヨーグルト、キムチ、納豆、醤油、味噌、酢、みりんなどです。

おすすめとしては、「調味料」の醤油味噌など普段からよく利用するもので、これらは毎日摂取しやすいものなので値段が多少高くても、製品にこだわりましょう。とても大切です!



・腸内細菌についての記事です!

http://kazuki12345.info/yobou-igaku/tyounaikankyou-daietto-kenkou/

正しい健康情報   ②添加物は健康に悪いのか?

最近、人工甘味料などの添加物は相当ダメ!とされていますよね!「発がん性がある」などとして。もちろん、健康には良くないのは分かりますが、そこまで危険なものなのか?

発がん性があるから危険と言われていますがこれは、人間に試してデータが出たなどではないみたい。そこまで神経質になることはなさそう。



なので、僕はそこまでは気にしなくてもいいのかなと個人的には思っています。(オーガニック食品じゃないとダメなど)

そこまで、気にしながら食事をするのは、個人的にはストレスです。そこをこだわるなら体に悪いものが入ってきても『それを浄化できるような体にしていくことが大切』だと思います。

そして、食事に関しては、好きなものを美味しく食べたいですしね。

正しい健康情報    ③低脂肪って健康にいいの?

牛乳にある、低脂肪って商品はどうなのか?

これは、牛乳自体に脂肪が少ないから、ダイエットにいいよと宣伝している商品ですが、脂質は太る原因だけではなく重要な栄養素です。

またタンパク質と脂質を一緒に摂ると、血糖値が上がりにくいと言われてます。活動を維持するためのホルモンの作用で脂肪が分解され、血中に放出されていきます。

低脂肪のヨーグルトの場合、脂肪分が低いヨーグルトは旨味がかけます。しかし、その旨味を補うためにブドウ糖を多く加えたりもします。脂質を減らす代わりに、糖質を増やしてます。

結果、カロリーは減ってますが、これによって痩せるかどうかは別の話です。低脂肪によって太りやすくになることもあるのでダイエットをしてる方は気をつけてくださいね。

正しい健康情報    ③オリーブオイルの目的

近年、オリーブオイルは、体にいいとよく紹介されてます。油(コレステロール)は体の中の傷ついた細胞を、修復してくれるとても大切な栄養素です。

コレステロールが高いから薬で下げるってよく聞く話かと思いますが、血中のコレステロール値が高い人の方が、長生きできるというデータがあります。

本来、オリーブオイルが健康にいいとされていた目的は、コレステロールを下げるためです。

これを聞くと健康にいいのか悪いのかよくわからないですが、『油もバランスが大事』なので、普段の料理に使う油をオリーブオイルにしてもいいかもしれませんね。



正し、熱には弱いので炒め料理にはあまり向かないみたいですが、脂質のバランスを考えるのならありですね。

ただオリーブオイルにもたくさんあり、物によってはエキストラバージンオイルでも質は良くないみたい。

それなりのものになると、なかなかの値段がしますね。

・油の重要性にも書いてます!

http://kazuki12345.info/yobou-igaku/kahunsyou/

LINE@始めました。
健康情報。質問・相談お待ちしてます!
友だち追加

Twitterもフォローお願いします!

スポンサーリンク

シェアする