ジョコビッチを世界一にさせたグルテンフリーってダイエットにもいいの!?

スポンサーリンク

初めましてkazuki(@kazublog310)です。

テニス界での絶対王者であるノバク・ジョコビッチが、グルテン(小麦のタンパク質)トマトを辞めるだけで、世界一になって有名になったグルテンフリーですが

本日は、ジョコビッチの生い立ち。グルテンフリーについて。ダイエットにはいいのか?健康にはいいのか?について書いていきます。

スポンサーリンク

ノバク・ジョコビッチについて!

旧ユーゴスラビア、セルビア生まれ。

ピザレストランを営む両親のもとに生まれる。

この時からピザなどの小麦が大好きでした。

放課後は友達とも遊ばず、テニスの練習を延々としていたそうです。

当時からテニスは仕事であり、10代の頃からナンバー1になることは自身の義務だと語るほどだったそうです。

しかし、10代はじめにはコソボ紛争が激化しました。

そんな空爆の中、頭上には飛行機が飛んでいる中でも練習をしていたそうです。いつ死ぬかわからないそんなすごい状況でです。

紛争が激化するにつれて、テニスの練習を続けるのが困難だと判断した両親はドイツへのテニス留学をさせます。

・父親からの使命?

母国セルビアはコソボ紛争で悪者になってしまいました。

そんな背景から父親から次のような言葉をかけられて育ちました。

コソボ戦争のせいでセルビア人は非人道的な民族だと思われている。

ノバクには使命がある。

お前が世界No.1になって『セルビア人は歴史があり文化もある普通の民族であることを、世界の人々に伝えるのだ。』

ジョコビッチは国を、民族を、家族を背負ってコートに立ち続けていたのです。

グルテンってなに?

小麦のタンパク質の一種で、パンを作る過程で、伸び(粘着性)の役割があります。

また焼きたて後にふんわり、モチモチになるのもこのグルテンのおかげですね。モチモチしたパンって美味しいですよね。

そんなパンをおいしくするメリットがあるグルテンですが、デメリットもあると言われてるのです。

ジョコビッチはグルテンフリーで世界一に?

ジョコビッチは、グルテンとトマトを摂取しなくなっただけで世界一になったと言われています。

たったこれだけで変わるはずがないと思われる方は多いかと思います。しかし、この食事法を取り入れた途端劇的に成績がアップしました。

いきなり3つのグランドスラム大会を制し、一躍世界ランキング1位に躍り出ました。4度目の年間世界ランキング1位が確定するなどまったく他を寄せ付けません。

ジョコビッチの生まれ変わる食事
ノバク・ジョコビッチ
三五館
売り上げランキング: 768

才能が凄くどんどんトップまで上り詰めて行くジョコビッチですが試合中、原因不明の呼吸困難などに見舞われていました。

練習面を変えたり、栄養もしっかり摂り、瞑想やヨガなどで精神面も鍛えたりしました。努力の甲斐あってその結果、成績は上がりました。しかし、ベスト3以上にはなる事が出来なかったのです。

試合中盤になるとまた、呼吸困難などの症状が出てきました。

これだけ努力していろんな方法も試したのにです。

・そんな時ある先生と出会う

そんなときに、たまたま試合を観戦していた医師がある発見をしました。そして、すぐさまジョコビッチに連絡をとりました。

その結果、小麦のグルテンとトマトが不耐症だと気付いたのです。そこからジョコビッチの快進撃が始まりました。

セリアック病?

セリアック病とは、小麦アレルギーの事です。

基本的には「セリアック病」というアレルギーの方は小麦を摂取してはダメです。

不耐症ってなに?

アレルギー反応といえば、すぐ反応が出ますが、不耐症は数時間から1日、2日後にかけて体がだるい。お腹を壊すなど様々な症状が出る事を言います。

アレルギー=即時型アレルギー。

不耐症=遅延型アレルギーです。

このグルテンは4人に1人ぐらいは不耐症を持っているのではと言われています。

他にも不耐症として多いのが、牛乳のラクトース大豆などです。牛乳を飲むとよくお腹を壊すとか緩くなるって方も多いですよね。

一般的に牛乳などのラクトースを分解する酵素は、成人になるとほとんど持ち合わせてないみたい。乳幼児の頃は母乳から栄養をとるので分解する酵素が必要なのであったみたいです。

グルテンフリーで注意する点

パン自体は砂糖よりも血糖値が高いです。

・大切な仕事・集中したい時・ダイエットをしているときはあまり相応しくはないですね。

・腸内環境についての記事です。

グルテンフリーをやる上でおすすめの方法

まずは2週間グルテンをやめてみることです。

毎日グルテンを取られていた方は相当きついかも知れません。しかし、2週間を過ぎると取らなくても大丈夫な体になるみたい。

それでも変化があまりない場合は、牛乳のラクトースなどを抜いてみるといいそうです。

自分にあったベストを見つけよう

ジョコビッチ選手がこの本の本当の伝えたい意味は、自分にあった『ベストな食事を見つけること』だと思ってます。

もちろん、自分の体験によってこんないい効果があったから伝えたいというのもありますが、ジョコビッチ選手はこれだけ色々試してきて、ようやく自分にベストな食事を見つけただけです。

グルテンフリーをしたからといって必ず痩せるのではありませんし、必ず健康になるものでもありません。

みなさんも、自分にあったベストを見つけましょう!

スポンサーリンク

シェアする