体を回復させてくれる睡眠の質・重要性について学ぼう!

スポンサーリンク

初めましてkazuki(@kazublog310)です。

睡眠って、すごく大切です。

1日徹夜したり、1週間睡眠が1時間少なかっただけでもだいぶ体にきます。特に若い頃は大丈夫だったが、40代を越えると寝ないと全く元気が出ないなどあるかと思います。

本日は、そんな『体を回復させてくれる睡眠の質・重要性について』書いていきたいと思います。

スポンサーリンク

睡眠の種類は大きく2つに分けられる

睡眠には、深い眠りの「ノンレム睡眠」と、浅い眠りの「レム睡眠」に大きく分けられ、交互に繰り返されています。

・レム睡眠

レム睡眠は、脳は覚醒しているので浅い眠りで、全身の力が抜けている状態です。体を休息させる眠りと考えると分かり易いと思います。

また脳が覚醒してるのは、『寝るまでに脳に蓄積された情報を処理し、記憶を固定してるから』と言われています。

・ノンレム睡眠

ノンレム睡眠は、熟睡した状態の深い眠りで脳は休息してます。睡眠の深さによって、さらに4段階に分けられます。
よく寝ても疲れが取れないのはノンレム睡眠が、上手くとれてない可能性があります。

レム睡眠とノンレム睡眠は、それぞれ約90分をひとつの単位として繰りかえされています。

体を回復させるには睡眠の質が大事

寝始めにノンレム睡眠が集中的に現れ、その後ノンレム睡眠とレム睡眠が交互に現れます。

ノンレム睡眠にはレベルがあり、最も深い眠りを得られるのが最初の1~2回だと言われてます。つまり寝入ってから約3時間の間に、深い眠りに達すれば脳もカラダも休ませることができるため朝起きた時に「ぐっすり寝た」という満足感を得ることができるのです。

最初のノンレム睡眠が体を回復させるには、とても大切だということです。

成長ホルモンは身長以外にも体を回復するのに重要

成長ホルモンは身長を伸ばすのに大切なホルモンですが、「細胞の修復」や「疲労回復」にも役立つ大切なホルモンなんです。成長ホルモンは、寝入ってから2~3時間後に分泌されます。(ゴールデンタイム)

一般的にゴールデンタイムは22時から2時からと言われてますが、人によって体内時計が違うのでバラバラです。時間にこだわるより質が大事!

そして、明け方になると成長ホルモンに代わって、コルチゾールというホルモンの分泌が高まります。

ここでのコルチゾールの働きは、体内に蓄えられた脂肪をエネルギーに変える働きがあります。そしてコルチゾールが『体を目覚めさせる準備を始める』のです。

睡眠の質がよくないと、成長ホルモンが十分に分泌されないうちに、コルチゾールの分泌が高くなって目覚める準備を始めて起きてしまうのです。結果、成長ホルモンの分泌が少ないので疲れが残って寝た気がしない状態になるのです。

『睡眠が不足しているなぁ』と感じた翌朝に、肌のコンディションがよくないと感じるのは、成長ホルモンが十分に体にいきわたっていないからかもしれませんね。

睡眠は時間ではなくやっぱり質が重要。

睡眠時間は、一般的に7時間から8時間ぐらいがもっとも健康によいとされてますが、睡眠時間が少なすぎても、長すぎても健康に影響が出ると言われています。

ただし、睡眠の必要な時間は個人によって全く違います。睡眠時間が3〜5時間で大丈夫の人もいますし、10時間以上寝ないとダメだと言う方もいます。

・日本人は世界に比べると睡眠時間が短い国

世界の就業者の睡眠時間 (OECD 2011年調査)

「女性 」                            「男性」


日本          7時間36分         7時間41分
韓国          7時間42分         7時間52分
アメリカ    8時間42分         8時間29分
カナダ       8時間27分         8時間13分
メキシコ    8時間08分         8時間16分
フランス    8時間33分         8時間26分
イタリア    8時間46分         8時間40分
スペイン    8時間34分         8時間30分

このデータを見ると、日本ってアメリカなどに比べると平均して1時間ぐらい短いですよね。普通のサラリーマンだと朝6時から7時頃に起きて帰ってくるのが21時、22時ぐらいになると、睡眠を8時間以上確保する事って結構難しいです。

また家に帰ってからも家事などのやらないといけないことや、趣味や勉強などの時間を取るとなると、どうしても睡眠時間を減らすしかありません。

ただし、先程からずっと言ってるように、睡眠時間が長ければいいと言うわけではなく、人によっても睡眠の時間は違うので大切なのは睡眠の質を上げることです。

ショートスリーパーで有名な武井壮さんは睡眠の質がいい

テレビで引っ張りだこで、かなりの多忙を極めてる百獣の王こと武井壮さんですが、睡眠時間が極端に少ないと言われてます。1日45分ぐらい。

実際にテレビの企画で、なぜ武井壮はこんなに睡眠時間が短くても大丈夫なのかについて検証されてました。

その実験データから出た結果は、『ノンレム睡眠の中でも最も深いところに入るのが以上に早く、またその時間も長い』ということがわかりました。

普通の人だと、寝てから最も深い睡眠のノンレム睡眠に入るには25分ぐらい平均してかかると言われてます。しかし、武井壮さんはその半分ぐらいで深いノンレム睡眠に達したのです。

そしてもう1つが睡眠にはノンレム睡眠、レム睡眠とサイクルがあると書きましたが、武井壮さんの場合、この最も深いノンレム睡眠が睡眠の半分ぐらいの割合を占めているのです。普通の方は25%ぐらいです。

これによって短い睡眠時間でも大丈夫なのではと言われてます。さすが百獣の王ですね。すごい。ただし、この睡眠以外にも仮眠は何回か普段はとっているのではないかなと思いますが、睡眠の質は相当高いですよね。

現役時代は毎日最高のパフォーマンスを出したいがために、自分の体温、気温、湿度なども測ってたみたいで、すごいストイックです。ほんと尊敬します!

ショートスリーパーってみんな出来るものなの?

ショートスリーパーになることができたら時間ができてほんといいですよね。

しかし、短い睡眠時間でも、何の問題もなく日常生活を送れるというのは『そのような遺伝子を持っているからだ!』と現在では言われているみたいです。

”ショートスリーパーになるには”みたいな本もあるみたいですが、普通の人が無理をして4時間、5時間の睡眠で日常生活を送ろうとすると多分、体調に異変をきたすと思います。そして死亡リスクが上がることもあるみたいなので注意が必要です。

ショートスリーパーによって、自分の時間が増えるのはいい事ですが、健康に影響が出る事がありますので無理してショートスリーパーを目指すのは辞めた方がよさそうですね。

それなら睡眠の質をよくして、少しでも睡眠時間を短く出来るようにするのがオススメです。

オススメとしては栄養面・運動・瞑想です。

よかったらやってみてください。

最後に瞑想についての記事です

スポンサーリンク

シェアする