日本の水道水の塩素って気にするほど健康に影響はあるのか?

スポンサーリンク

初めましてkazuki(@kazublog310)です。

最近では日本の水道水をそのまま飲むと『体内に悪い影響を与えるかもしれない』という意見が多いので、みんな水を買ったり、浄水器をつけている方が増えてます。

10年前ならまだしも、現在水道水をそのまま飲む方って減ってきて、水は買う時代になってますよね。

ただ世界一安全と言われている日本の水道水で、塩素って気にするほど健康に影響はあるのかとも思ったりもします。

本日は、体にとって水の必要性について、日本の水道水、塩素について皆さんに知っていただければと思います。

スポンサーリンク

体を占める水の割合からみる水の重要性

人間の体の構成成分は、成人で約60%の水を占めます。

乳幼児で80%ぐらい。

高齢者だと40%ぐらいと言われています。

たんぱく質が15%〜20%。

脂質が13%〜20%。

ミネラルが5%。

炭水化物が1%ぐらいで構成されていると言われています。

体の構成成分でこれぐらい大切なので、健康になるには水が必要なんだということが分かるかと思います。



日本の水道水は世界一安全!

日本の水道水って、世界一安全と言われてます。

しかし、その意見と反対の世界一危険という意見もあります!

なぜそんなことが言われる理由は、塩素の量が多いからだという意見があります。

日本は塩素の量が世界一多い国です。

基準値は0.1ppm以上。目標値は1ppm以下。

また上限はないと言われてます。(0.1ppm=水1ℓあたり、塩素が0.1mg含まれる)全国的には1ppm以上。東京では1.5ppm以上です。

またこれは浄水所から1番遠いところの数値なので、近ければ近いほど濃度は上昇します。

海外の塩素濃度はどうなの?

海外では基本0.5ppm以下に定められてます。

ドイツでは上限が0.05ppm以下

フランスでは上限が0.1ppm以下

アメリカでは上限が0.5ppm以下

イギリスでは塩素が検出されないことが条件です。

ポイントは日本は0,1ppm以上なのに、海外は上限があり、〇〇以下になっている事です。

なぜ日本の水道水は塩素濃度が高いのか?

1960年ごろチフス赤痢コレラなど、外国人によってもたらせた被害が全国規模で広がってきました。

このため「急速濾過方式」の浄水機能に高度化することによって、『細菌性感染症の克服に成功した』と言われてます。

この「急速濾過方式」の浄水機能に、殺菌剤として塩素を導入した結果、細菌性感染症の被害が減ったそうです。

とても素晴らしいことですね!

塩素って体に影響あるのかどうかはわからない!

細菌性感染症などをなくしてくれた塩素って素晴らしいですよね。

しかし、この強力な塩素。細菌を殺してくれるのはいいのですが、コップ1杯の水にコレラなどの細菌が入っても、一瞬で消してくれるぐらい強力と言われてます。

その塩素が体に入っていくとコレラなどの敵がいないため、味方であるはずの『腸内細菌を攻撃してしまうのでは?』と言われています。

この意見に対しては様々な意見があるみたいで、果たして本当に腸内細菌に影響が与えるかどうかはわかりません。

もし腸内環境に影響が出るのであれば、腸内細菌は免疫の60%〜80%を占める物凄く大切なもので健康、ダイエット、美容、またアトピー花粉症にも影響が出るかもしれません。

花粉症やアトピーの第一人者である藤田先生は、花粉症が日本でこんなにも多いのは『日本人が清潔になりすぎた!」のが原因の1つとも言っています。



活性酸素を取り除く水素水って健康にどうなの?

水素水ってものすごい勢いで流行りましたよね。

『水素水の主な目的』としては、体に発生する活性酸素を取り除いてくれるという効果があるとして販売されています。

・活性酸素についてに記事です!

http://kazuki12345.info/yobou-igaku/kohl-kenkou/#i-4

効果としては流行り出しや当時から、専門家は効果が全くないと言われてましたが、そのような報道はメディアでは一切されずものすごい勢いで人気商品になりました。

しかし最近では、実は水素水に効果がなかったという記事がたくさん出てきてニュースにも取り上げられたりもしています。

基本的に市販で売っているようなペットボトルに入った水素水は製作時には水素が入ってますが、蓋を開けた時にはほとんど水素が抜けてしまうと言われています。

活性酸素を除去する目的なら、水素水を飲むより、ビタミン類や注目されている、ファイトケミカルスなど食事などから摂りましょう。

エビデンスが重要だけど

エビデンス(科学的根拠)ってどうなんだろうと最近思うことが多いです。

確かにエビデンスは必要だと思いますが、100%の正解はありません。人それぞれいい悪いは絶対あります。

5年も経ったら、今まで正しいとされてきた情報が間違いだったり、逆に間違えだと思ってた情報が正しかったりする世の中です。

水素水はエビデンスがないとして、現在様々な意見が出てますが実際に水素水を飲んで便の状態がよくなったなどの声も耳にします。

心理学的にいうプラシーボ効果ってやつなのかもしれません。反対の効果がノーシーボ効果です。

エビデンスは必要とは思いますが、エビデンスに拘り続けるのもどうなのかと最近感じます。

もちろん重要なので根本としては必要ですけど、エビデンスにとらわれすぎなのもどうなのかな?とも感じたりもします。難しいですね!

オススメの水の選び方!

①ミネラルなど豊富な水。

②浄水器(少しいいやつの方がいいですね)

浄水器だと結果的にペットボトル買うより、経済的にいいのでオススメです。

普段から水道水は料理にも使うと思うので、飲む用の水にはお勧めできませんが、塩素除去目的で付けておいてもいいのではと思います。

また塩素にそんな体に悪い効果がないのだとしても、塩素臭い匂いなどは除けますし、付けてデメリットはそんなにないのかと感じます。

値段もそんなに高くないのもあるので、付けて置いた方がいいとは個人的に思います。

健康のため1日に必要と言われてる水の目安

1日1,5ℓ〜2ℓぐらいを目安に飲んだ方がいいと言われています。

また飲みすぎると水中毒になるとかありますが、極端に塩分を抜いている人以外は大丈夫です。

基本みんな塩分は取りすぎぐらいとってますので、心配はいらないかと思います!

また水を勉強前に200m以上飲むと集中力が上がると言うデータもあるみたいなので、みなさんたくさん飲んでくださいね。

フォローお願いします!!

The following two tabs change content below.
スポンサーリンク

シェアする