遊んで暮らしたい人こそ、予防医学を学んで健康を目指すべき!

スポンサーリンク

初めましてkazuki(@kazublog310)です。

みなさんは健康に気を使ってますか?

最近では健康ブームにより健康に気を使っていると言う方も増えてきており、それ自体はとてもいいことです。

しかし、健康なんで気にしなくても全然大丈夫という方も多いです。(特に若い方)

もちろん、今は健康なので想像できないというのが多いと思いますが。

この記事は、20代、30代で夢や目標に向かって頑張っている方。

病気とは無縁の健康な生活を送りたい方。にも読んでもらいたい記事です!

スポンサーリンク

なぜ予防医学が健康のために必要か?

なぜ、健康な状態から病気にならないための、予防医学が必要なのか!?

それは、事前に防げる病気はケアしとくことによって、ならない病気もたくさんあるからです。

病気なんかで自分のやりたいことをストップするのはもったいないです。(防げるのは事前に防ぎましょう)

あの堀江貴文さんも、予防医学普及協会をつくり予防医学の大切さを広めています!

http://yobolife.jp/

・よく聞く生活習慣病ってなに?

生活習慣病とは、日々の生活習慣の乱れによっておこる病気の総称です。(肥満・糖尿病・高血圧・がんなど)

アトピーや花粉症なども、生活習慣病が引き金でおこる病気の1つと言われてます。

・現代病として生活習慣病が問題になってる!

『日本の三大死因』

①悪性新生物(がん)

②心筋梗塞(心疾患)

③脳梗塞や脳出血等(脳血管疾患)です!

これらの病気で亡くなられる方は全体の約3分の2です。

生活習慣を改善することが、健康に生きていくために大切なことなのです。



生活習慣病っていつから増えたのか!?

本格的に増え始めたのが1960年ごろからで、急激に増えたと言われてます。

それまでは結核チフスコレラなどの細菌性感染症が多かったとされています!

生活習慣病の原因は

・食生活の欧米化などがあります。

ガンなんてものすごい増えています!

花粉症は4人に1人という割合です。

私も花粉症だという方も、今では多いんじゃないでしょうか?

アトピーもそうですね!

子供がアトピーになっていると、なんとかして治してやりたいですよね!

・花粉症についての記事です!

http://kazuki12345.info/yobou-igaku/kahunsyou/

予防医学は今ではなく、この先の未来のために!

20代、30代の方ってとくに、今は生活習慣病なんて全く心配ないかもしれません。

しかし、生活習慣病というのは、10年、20年後にかけて、徐々に発症していきます!

そこで大事になってくるのが”予防医学”です。

前々からの健康への意識が、10年後、20年後に変わってくるのです!!

せっかく20代、30代で仕事を頑張って好きなことを出来るようになっても、病気になってしまえば元も子もありません!

これからの医療費はどうなる?

これからの日本は医療費がどうなるかわかりません!

保険治療では、どんなにいい医者でも治療費は同じです!

もし、この保険制度が変わって医者自体が値段を決めることが出来るようになるとどうしますか?

いい医者に出会うには、コネクションやお金が必要になります。

治療技術によって治る、治らないは必ずあります!

もしかしたらこの先アメリカみたいに、医療費が高額になるかもしれません!

アメリカでは医療費が100万越えは当たり前です!

普通の中間クラスの稼いでる方でも自分や家族、親戚などが病気にかかることで、一気にホームレスになるということも多いのです!

アメリカ人の自己破産の62%は自己破産で、そのうちの80%は保険に入っているそうです!

また保険の種類もたくさんあり、アメリカの民間保険は高額すぎて、15万円ぐらいかかることもあるそうです!

こんなの普通の方は払えません。

もしそんな未来が日本にも来るかも知れないとしたら、あなたはどうしますか!?

今から仕事を頑張ってお金を稼ぐのも1つの手です。しかしこれでは、病気になってからが大変ですよね!

最もいいのは、健康なまま自分や家族を守るためにお金を稼ぐ。そして好きなことをやって生活していけたら最高ですよね。そうならない為にも大切なのが予防医学です。


予防医学に大切なことは、自分の体に興味を持つことです。

難しいことはなにもありません。

自分の体は自分でコントロールできるようになりましょう!

病気になったら医者に治して貰えばいいやという考えではこの先心配です。

この記事を読んで、予防医学の大切さを少しでも理解してもらえたら嬉しいです!

The following two tabs change content below.
スポンサーリンク

シェアする