インドでは大人気のスポーツ『クリケット』が今熱い!

スポンサーリンク
Pocket

初めましてkazuki(@kazublog310)です。

本日は、私たち日本人には馴染みにないクリケットについて。

インドでは大人気のクリケットについて、どんなスポーツなのか、年収について書いていきます!

スポンサーリンク

インドで人気のスポーツ  クリケットって?

私たち日本人には知名度はあまり高くなく、クリケットって言葉は聞いたことがあっても、ほとんどの方が知らないのが現状です。日本では大きく取り上げられることはないですからね。

しかし、このクリケットというスポーツは、イギリスが発祥で100以上の国と地域で行われているスポーツです。

また世界の競技人口が第3位で、なんとサッカーの次に多いスポーツなんです!

世界のスポーツ人気ランキング  クリケットは?

様々な意見があるのでどれが正確ではありませんが、よく言われているのはこんな順位です。

1位にサッカー、2位にクリケット、3位にバスケットボールというのもありましたね。

それでもクリケットの人気はすごいですね。インドが人口が多いのも理由の1つですが。

・1位バスケットボール

・2位サッカー

・3位クリケット

・4位テニス

・5位ゴルフ

インドの国民スポーツ  クリケットのルール

クリケットは、「野球の原型」とも言われている競技なので野球とは似ていますが、大きく違うのが『360度どこにでも打ってもいいということ。』

フィールド上1チーム11名の2チームによって、半径70メートルほどの広大なフィールドで行われるバットとボールを用いるスポーツです。

また国際試合には「3つの形式」があります。

・クリケットのルール  ①1イニングマッチ

攻撃側が10人アウトになるか、300球を経過した場合にイニング終了となって攻守交替です。

先攻、後攻それぞれ1イニングずつ攻撃し、ランの多い方が勝利チームとなる。 試合時間は6時間くらいかかる。

・クリケットのルール  ②2イニングマッチ

行われる2イニングマッチは、終了までにだいたい4~5日かかるという過酷なスポーツです。(長すぎるwwwww)

・クリケットのルール  ③120球に決めて行う試合

全体の投球数を120球に決めて行う試合は、3時間ぐらいで終了し、最近では1~2時間ほどで終わる6人制や8人制のクリケットもあるみたいです。

他のスポーツにはない特徴がクリケットにはある

クリケットの他のスポーツにない特徴として、『試合中のティータイム』があります。

他のスポーツでは聞いたことないですよね、ティータイムなんて。クリケットは社交を大切にするスポーツなんだそうです。

緊張感や集中力など、気が紛れそうな気もすると思うのですが、こういうのを大切にスポーツというのもまたいいですね!

・日本人が思ってた、インドの常識が変わる3選を紹介します!

http://kazuki12345.info/life-stile/indo-eiga-kuriketto-it/

クリケットで稼ぐスポーツ選手の年収が凄かった!

クリケットで稼いでいる人の最高額がすごい年収で桁違いです。

・Jリーグ サッカー選手 年収ランキング

1位が遠藤保仁選手で1億6000万。

2位が中村俊輔選手で1億3000万。

3位が中澤佑二選手で1億2500万。

4位がレアンドロ選手で1億2000万。

5位が中村憲剛選手で1億です。

・プロ野球 年収ランキング

1位が黒田選手で6億です。

2位が金子選手で5億。

3位がサファテ選手で5億。

・クリケット 年収ランキング

クリケットのトップ選手は、2015年でマヘンドラ・シン・ドーニ選手の年収が約39億円という桁違いの年収です

ちなみに世界の高収入アスリートランキング23位に入ってます。

日本ではこんなマイナーなスポーツなのに、インドでは人気がすごいですよね。

日本でもクリケットの人気がいつの日か来るかもしれませんね!

LINE@始めました。登録お願いします!
友だち追加
Twitterもフォローお願いします!!

スポンサーリンク

シェアする