時間はみんな一緒じゃなかった。相対性理論が面白い!

スポンサーリンク

初めましてkazuki(@kazublog310)です。

相対性理論って難しくていまいち、わかりませんよね!

僕自身もまだ全然わかりませんがこの相対性理論はとにかく凄いです!!

『時間はみんな一緒じゃない』とはどういうことなのかについて、書いていきたいと思います!

スポンサーリンク

相対性理論を発表したアインシュタイン

アルベルト・アインシュタインは、ドイツ生まれの科学者で1879年に生まれました。

アインシュタインといえば相対性理論で有名ですが、これでノーベル物理学賞をとったのではありません。

光量子仮説によって、1921年のノーベル物理学賞を受賞したのです。

相対性理論よりすごかったのか?

光量子仮説でノーベル物理学賞を取ったアインシュタインですが、相対性理論がすごくないのではなく、アインシュタインがすごすぎて審査員にも理解されなかったという説もあるみたいです。

さすが天才です。

時間は平等じゃなかったの?

「時間ってみんな平等で一緒」だから大切にしないといけないって、普通の常識としてありませんか?

しかし、そんな相対性理論は時間の流れる速さは人によって違うんだよ!!」という、すごい訳の分からないことを言ってます。

確かに、楽しい時は時間は早く感じますし、逆に面白くなことは時間が経つのが遅いです。

ただ、こういう感情的なことではなく、実際に長くなるというのだから不思議です!!

相対性理論がすごすぎる!

早いスピードで動く方が、時間はゆっくり感じる!?

実験で2つ時計を用意し片方をそこに置いて、もう片方の時計を飛行機乗せます。

そして飛行機が世界一周すると時間がわずかにずれていて、飛行機の方が少し遅いのです!

タイムマシンをも可能と夢をもたせた相対性理論

こんなすごい発明をした相対性理論ですが、これによりタイムマシーンに乗って過去に行ったりすることができるのではないか?

という夢が膨らみました!

バックトゥーザ・フューチャーではどうやって過去に行ってた?

皆さんも一回は見たこともあると思うこの名作映画。

『バックトゥーザ・フューチャー』

その発明家ドクは、アインシュタインをモデルにしてると言われてます。

また映画の中で、過去や未来に行く方法は、車に乗って「ものすごい速さで走る」ことでタイムマシンを可能にしてますよね!

アインシュタインの相対性理論が可能にした、すごい映画なのです!また、ドクの愛犬の名前は、アインシュタインです。このアインシュタイン(犬)は映画の中でタイムスリップを成功させた1番目です!

こういった知識が入ってから、バックトゥーザ・フューチャーを観ると、少し違った見方ができてとても面白かったです。これから2、3と観てきます!

TSUTAYAなどに借りに行くのもありですが、最新以外の作品はamazonプライムで結構観れたりします。

まだ加入してない方は、amazonプライムに加入してると音楽、映画見放題で、そのほかにもお得な情報満載ですよ!

もちろん、バックトゥーザ・フューチャーも観ることが出来ますので、この機会にぜひ登録してみてはと思います。

The following two tabs change content below.
スポンサーリンク

シェアする