やる気が出ないときに大切な原因と対策方法はこれだ!

スポンサーリンク
Pocket

初めましてkazuki(@kazublog310)です。

『やる気が出ないとき』って皆さんはどうしますか?

学生の頃なら勉強。社会人なら仕事。

この何かをスタートさせるために必要なやる気について、個人的にこれが、1番必要なんじゃないかと感じたので書いていきます。

スポンサーリンク

やる気が起きない人の原因と対策方法

やる気が起きない原因ってなんなんでしょう?

人によって理由が違うと思いますが、個人的にこれがやる気の邪魔をするなと感じたもの、対策方法を紹介します。

・原因と対策方法     ①複数のことを行う

これって結構やりがちなことですが、1番集中するのに邪魔になることだと思います。(携帯見たり、テレビ見たり、本、漫画など。)

集中力は『鍛えている方でも90分ぐらいが限界』と言われており、普通の方は30分ぐらいしかもたいないと言われてます。

もし複数のことをやりたいなら、まずは1つのことをやり、30分から60分ぐらい経ってから他のことをやると、脳へのいい刺激になるので効率もいいとされています。

・原因と対策方法    ②お腹が膨れた状態

食事後は血糖値が上がることにより内臓周りが活発に働き、副交感神経が優位になります。そして、脳への血流が不足するので眠くなるのです。

僕の場合、食事後にも集中したいなという時はこれらのことを気をつけます。

①アルコールは飲まない

アルコールの分解で、ビタミン類や水分が必要になりエネルギーがいるから。

②GI値を意識する

GI値とは、血糖値の上昇の度合いを表す数値で、高ければ血糖値が上がりやすく、低いと血糖値が上がりにくいです。

血糖値が急激に上がりすぎると、ホメオスタシスの作用により急激に下がるので低血糖などの症状が出て逆にやる気が落ちます。(エナジードリンクなど)

③食物繊維を摂る

食事前などに食物繊維を摂ると食べ物の吸収を抑えてくれるので、血糖値上昇を抑える効果も期待できます。



④水はしっかり摂る

何気にこれが1番大切です。

人間の体に水はとても必要です。勉強前に200m〜300mぐらい飲むと飲まないでは、集中力が変わってくるので重要視してます。

⑤腹8分目にする。

当たり前かもしれませんが、食べすぎでは絶対やる気が出ませんし眠くなってしまいます。

また眠くなる理由としては2つあります。

1つ目は、食後は代謝のため内臓により血液が回って脳に行く血液が減るから。

2つ目は、内臓の働きが活発になり副交感神経が優位になるから。

諦める勇気がある人はすごい!

継続することが大事と言われてますが、好きだから継続できるのであってやりたくないのであればすぐにやめるという、諦める勇気というのがとても大事だと僕は思います。

社会ではすぐやめる人は非難されたり、あいつは継続できないからダメなんだとよく言われますが、個人的にはやりたくないことを無理して長く続ける方が、成長を妨げるので良くないと思います。

諦める力って大切ですが、みんな他人にどう思われるかを気にしてしまうので、この決断を早くできる方はすごいですよね。僕は普通にこういう方の方が尊敬します!

正し、なんでもやりたくないからという理由だけでやらないのは良くないと思います。やってみることによって好きになることもあります。

僕は目標を立ててやる気にしてる

目標って大事で、目標があるとやる気にもつながります。(これを達成したいから頑張ろうって感じで)

ただし大きすぎて分かりにくいような目標は、逆効果になることもあります。

個人的には、毎月の目標を作ってみるといいなと感じてます。

5年後、10年後の目標であれば遠すぎて個人的には目標がモチベーションにつながりづらいと感じます。

5年後10年後はこんな風にいきていたいなという、『ライフスタイルを目標』に、毎月の目標を立てていったらと思います。

 

やる気が出ないのなら、栄養面を見直そう

栄養面が悪く、そもそもやる気を生み出すエネルギーが生まれないパターンって結構あります。それぐらい食生活って大事です。

意外かもしれませんが、『栄養面とやる気の関わり』って思っているより大事なので、普段からよくない生活習慣を送ってるって方は、ここを見直さないといけません。

詳しくは下の記事を見てください⬇︎

・脳と栄養面の関係性について

完璧を目指しすぎると、やる気には逆効果になることも

なんでも完璧にこなす完璧主義な方。完璧にこなすことはとてもいいことだと思います。

しかし、毎回自分にきついルールやプレッシャーを与えているとしんどいと思います。そして、いつかは完璧にこなすことを無理になるようになると思います。

毎回100%を出すように意識するより、『確実に80%の力を出せる』ようにすると、心に余裕ができて意外といい結果が出るかもしれません。

意外と残りの10%、20%って、自分の中の謎のこだわりだったりして他の人からしたら、そんなに分からないかもしれませんしね。

やる気と運動の関連性について

脳を鍛えるには運動がとても大切になってきます。

運動によって脳への血流が増え、やる気に関連するホルモンが出ます。

個人的なオススメは瞑想からの運動後に勉強がいいと思いますうよ!よかったらお試し下さい。

・瞑想についての記事です

やる気を出す方法は結局これが重要だ!

なんだかんだ結構原因、方法などを書きましたが、個人的に1番重要だと感じてるのが『とりあえずやってみること。』もう絶対これです。

やる気でないなと思っていてもとりあえずやってみる。そうすると自然とやる気出てきたって感じることが多くないですか?そもそもはじめから気合い入れて、やる気満々に臨む必要なんてないと思います。

やる気は行動すれば後からついてきますしこれでダメなら、先ほど書いたことを意識するとより良くなると思います。行きたくないなorやりたくないなと思っていたことも、やって見たら意外と良かったってこともあります。

とりあえずやって見て、自分に合わないや、楽しくないなど思うなら躊躇なくやめて、新しいことをやればいいんじゃないかなと個人的に思います。

スポンサーリンク

シェアする