キングコング西野亮廣に学ぶ!この生き方っておもしろい。

スポンサーリンク

芸人としてのキングコング西野亮廣さん。

また絵本作家としての顔をもつ西野亮廣さんですが、そんな西野さんが描いたえんとつ町のプペル

個展では光る作品を披露して、感動したという声も多いみたいです!

またそんな彼の新しい生き方!

時代の最先端の生き方について紹介していきます!

スポンサーリンク

キングコング西野亮廣について

日本のお笑い芸人、絵本作家。

お笑い芸人としては、本名の西野 亮廣(にしの あきひろ)名義で漫才コンビーキングコング のツッコミ、ネタ作り担当として活動。

相方は梶原雄太。

芸人で一度売れて、絵本作家で2度売れた方で、Yahooニュースでもその発言が数々取り上げられる。

・ウォルトディズニーを超える!

・ひな壇にはもうたたない!

・芸人辞めるなど!

これらの発言から、芸人やめちまえ。何がしたいんだ。など数々のバッシングを受ける!

ただこれも誤解があり、ひな壇に立たないのではなく立ちたいけど、立てないから自分が勝てるとこで戦うという考えからだそうです。

芸人とはテレビで人を笑わすことだけじゃない!

「芸人とは職業名(肩書き)ではなく、生き方の名称だ」

絵本はタモリさんに勧められて書いたそうです!

肩書き(職業名)なんて必要ない!

今現在、芸人さんで、芸人だから芸人の仕事しかしないって人あまりいないですよね!

芸人なのに俳優。芸人なのにグルメ。芸人なのに小説。芸人なのに音楽。

また俳優なのに音楽。俳優なのにバラエティーなど、こんな感じで肩書きに縛られず様々な活動されている方ばっかです。

ピースの又吉さんは芥川賞を受賞したり、北野たけしさんは映画監督でカンヌ国際映画賞にノミネートされたり。

松本人志さんも映画作ったり!

劇団ひとりさん、品川ヒロシさんも映画を作ってますよね!

これと西野亮廣さんも同じです。

「芸人とは職業名(肩書き)ではなく、生き方の名称だ」

個人個人が思う、芸人としての生き方をしてるだけなんです!

西野亮廣はなぜあんなに叩かれるのか?

なぜあんな叩かれているのか僕にはわかりませんが、正直なことを発信してるからかなんでしょうか?

あれだけメディアに叩かれてるから叩きやすいんですかね?

日本人特有の、新しいことに否定的な考えもあるのかもしれませんね。

そんな考えがあると言うあなた

プロ無職!るってぃさんの、シリコンバレーと日本の7つの思考の違いと働き方の格差について書かれた記事があります!

シリコンバレーに実際に行って学んで感じたことを書かれてます!

⬇︎

http://rutty07.com/entry/siliconvalley-japan/

えんとつ町のプペルはすごい

西野亮廣さんが描いた『えんとつ町のプペル』すごい人気ですよね!

現在21万部ぐらい売れているみたいで、本人は100万部を目指しているみたいです。

えんとつ町のプペル  個展では光の絵も!

神戸で現在はえんとつ町のプペル展が開催してるので行ってきました!

光る絵は実際に見るとすごく感動しました。

しかもこれも無料で開催してます。

平日の3時ごろに行ったのですが人がすごかったです。

明日の日曜で神戸が終わるので行ったことない方はぜひみに行ってみてください。

スポンサーリンク

シェアする