インドって本当はすごい国だとわかる『3選』を紹介します!

スポンサーリンク

初めましてkazuki(@kazublog310)です。

みなさんインドについてどんなイメージがありますか?

・カレー・ガンジス川・インド象

・人口が多い国・満員電車がやばい国

・日本より遅れてる国だと思ってる方いませんか?

本日は、そんなインドについて、インドって本当はすごい国だとわかる『3選』を紹介します!

スポンサーリンク

インドについて

人口が約13億人! 首都;ニューデリー。世界で2位です。

世界の人口は約73億人なんで、5人に1人がインド人という割合です。とにかく数がすごいです!

2015年観光ランキング インドは?

観光したい国って言えば多いのがハワイ、ヨーロッパ、アメリカなど。

「2015年観光ランキング」では1位パリ、2位アメリカ、3位スペイン、4位中国、5位イタリアです。ちなみに日本は16位です。

肝心のインドは、30位以内にも入っていませんでした!



インドってなぜ観光したくない国なのか?

インドってあまり、観光したい国には入らないですよね?

・治安が悪いイメージがあるから

・町が汚いイメージがあるから

・日本より遅れているイメージがあるから

・観光したい魅力がないから

これってもしかしたら私たち日本人が思ってるだけで、間違ったイメージなのかも知れません。

例えば未だに日本って外国人に、忍者がいる国って思っている外国人の方もいますよね。日本に住んでる方からしたらあり得ない話です。

じゃあもしかしたら、インドも思ってたイメージと違うのかも。

インドに行ったら価値観変わった!

よく聞く”インド行ったら価値観変わった!”これよく聞きますよね!そんなインドの魅力ってなんなんでしょう?

僕は、インドには行ったことはないですが、この情報を知ってから、インドについてのイメージが180度逆転しました!

インドって本当はすごい国だとわかる『3選』

1:映画  2:クリケット  3:IT

実はこの3つ、インドではとてつもなく凄いのです。

・インドって本当はすごい国『3選』   ①映画

実はインドって、映画の興行収入第1位なんです。そして作成本数1位なんです。ハリウッドではありません。

でも、それって人口が多いから?→ それだったら中国が1位です。ちなみに、興行収入2位がアメリカ、3位が中国です。インドは、映画にすごい力入れている事が分かります!

有名なのは『きっと、うまくいく』という映画。とても面白い映画です!観たことない方はぜひみた方がいいと思います。

「世界の俳優年棒ランキング(2015)」では7位、8位、9位をインド人が占めています。バッチャン(41億)、カーン(41億)、クマール(40億)という方です。

ちなみに、あのジョニーデップが12位で36億。レオナルド・デカプリオが13位で35億なんです。

この2人なんて日本人ならほとんど知ってますよね。それに比べてインド人の3方は、ほとんどの方が知らないかと思います。

・インドって本当はすごい国『3選』  ②クリケット

クリケットはインドの国民スポーツですが、クリケットって何?って方も多いかと思います。

こんな感じのスポーツです。⬇︎

世界のスポーツ人口はサッカーについで第3位です。(いろんな意見があります。)ちなみにインドでは、クリケットをできない方がサッカーをするみたい。

また試合は過酷で5日間続くこともあるスポーツで、過酷を極めます。観る方も大変ですよね!

そしてなんと年収のトップはインド人で、25億なんだそう。

・クリケットというインドでは大人気のスポーツを知ろう!

http://kazuki12345.info/sport/kuriketto-sport-indo/

・インドって本当はすごい国『3選』   ③IT

今では世界のトップ会社のCEOは、インド人がしています。

Google

CEO;サンダー・ピチャイ(2015年就任)

Microsoft社

CEO:サヤト・ナデラ(2012年就任)

SoftBank

副社長:ニケシュ・アローラ

彼が後継者になることは孫さんいわく、間違いないそうです!

相当たる会社のトップをインド人がしており、インド人が今現在、世界を動かしているといってもいいぐらい凄いことです。

なぜインドは、IT分野で成功できたのか『カースト制度』

インドには3000年ぐらい前から、「カースト制度」というのがありました。昔習ったので聞いたことあるかと思います。

この「カースト制度」は60年前ぐらいに廃止されましたが、まだたったの60年です。廃止されたとはいえ、こんなに長く続いてはなかなか変わりません。

このカースト制度とは、その人の身分にあった仕事や、結婚相手しか選べない制度です。この制度のせいで、頑張って働いてもお金持ちになれない。せっかく才能があるのに、活躍できなかったのです。

そんな中カースト制度が廃止されました。IT分野はずっと昔からあるものではなく、最近できたものでカースト制度には関係なかったのです

そこで頑張って、貧しい世界から抜け出してやろうと、日本人にはないハングリーさで頑張ったのです。

その結果、今現在世界のトップを、インド人が支配しているのかもしれませんね。

もちろん、これだけではなく、インドは元々イギリスの植民地だったので英語が喋れるのも大きいと思いますが。

私たち日本人が、インドから学ぶべきこと

はじめにも書きましたが、あなたが思うインドのイメージってこれを読んでどうですか。インドのイメージは変わりましたか?

私はこれを聞いてインドってすごい。

こんなすごい国だったんだと思い知らされました。

カレーの国。ガンジス川。日本より遅れているだけなんてイメージはもうありません。それと同時に、『イメージだけで判断してはいけない』と感じました!

これを機にインドには行ってみたいなと思うようになりました。現地に行かないとわからないことが、たくさんありそうな国ですねインドは。

私たち日本人はこうしてみると、インド人から学ぶべき事がたくさんありますよね。僕も見習って、これからも頑張っていきたいと思います。

The following two tabs change content below.
スポンサーリンク

シェアする