50円カメラマンに写真を撮ってもらう体験をした話!

スポンサーリンク
Pocket

初めまして、kazuki(@kazublog310)です。

ここ最近、欲しいなと思ってた、一眼レフをやっと購入しました!

色々聞いて、どれを買おうか悩んだのですが、まずは初心者向けの、『NIKONのD5300』にしました。

そして、初の一眼レフカメラをもって、葛西臨海公園に『50円カメラマン』というとても興味を惹かれる活動しているともひろさんと行ってきたのでその話を書いていきます。

スポンサーリンク

50円カメラマンを利用した目的

今回の東京に来た、一番の目的は、お世話になっているトレーナーに会って、色々勉強したり、スペインで働くサッカーチームの監督してた人に会うのが目的です。

しかし、せっかく東京に行くんだから誰かに会いたいと思い、『50円カメラマン』という面白い活動されている、ともひろさんに写真を撮ってもらいたいなと思い、連絡させてもらいました!

また50円カメラマンという活動自体とても興味的で、面白かったので、写真よりもあって話したかったのが大きいですね!

あとは、ブログ用の写真を撮って貰いたいからです。(本来のサービスはこっちのはず)

『50円カメラマン』ともひろさんってどんな人?

大学卒業後は音楽を楽しんだので、就職したらブラック企業だった。

またホワイト企業に就職するも、やりがいを感じられず退職。

現在は“好きなことに熱中できる人”を増やすため、フリーランスとして活動されてます。

50円カメラマンとは名前の通り、50円で依頼頂いた方に写真を50円という破格の値段で撮ってあげるという面白い内容です。

(交通費などは別)

何を目的に50円カメラマンを始めたのか?

ともひろさんがやっていた、この『50円カメラマン』という活動。

3ヶ月ぐらいやってたみたいで「目的」としては人と会って交流したいからだそう。

注;50円として活動するのは1月31日までです。

それ以降は、値上げをして活動されます。

その思いが書かれた記事です!

http://www.tomofiro1210.com/entry/camera/50yen-cameraman-price

カメラってすぐ辞めるイメージ

僕だけかもしれませんが、一眼レフのカメラって買ったのはいいけどすぐ辞めてしまう人が多いイメージです。

そうならないためにも、カメラに詳しい人に会って、カメラの楽しさに気づくと個人的にいいんじゃないかと思いました!

実際に撮影してみて、とても楽しかったです。

スペインに行ってからも、もっと撮って見たいなと思うようになりました!

ただ1番は、カメラ好きな仲間が欲しいです。

バルセロナで見つけよう!!

スマホでは気づけなかったことを50円カメラマンを通じて気づけた

まずは一眼レフの綺麗さに感動しました!

この綺麗さはいろんなとこ行って、撮りに行きたくなります!

そして、一眼レフを使ってみて感じたことは、カメラ始めたばかりでまだよく分かってはいませんが、景色を撮るのと、人をメインで撮るのでは、全く違うということ!!

なんや感やで、僕も人を撮ってみたくなり、ともひろさんを撮らさせてもらいました。

いつも撮る側だから新鮮だと言ってました!

これはスマホなどで撮っていたら絶対にわからないことで、明るさなどの調整がとても難しく苦戦しました。

ともひろさんに学ぶ『三点を意識する』

①絞り値(f値)

②ISO感度

③シャッター速度

この3つは、ともひろさんのブログにて詳しく書かれてるので、少し勉強させてもらってから臨みました。

詳しくはともひろさんのこの記事をみてください!

http://www.tomofiro1210.com/entry/camera/live-photo-how-to/

カメラ初心者の僕でも、分かりやすく書いてくれてます。

・ISO感度

これで、イソ感度と読むみたい。英語の方がかっこいい!

この調整がほんと難しい。けど、それも楽しいですが。

これは暗くしすぎましたね。

これからカメラ始めたい人。

持ってるけど、現在やってなかった人。

この記事見たきっかけに、またやってみようかなとなれば嬉しいです!

ついでに、一緒にカメラ持って撮りに行きたいって人がいたら、ぜひ行きましょう!

スポンサーリンク

シェアする